ユラリトフワリト

ものぐさ狂言回しの雑記帳。

文章表現力をレベルアップさせたいアナタには『感覚表現辞典』がおすすめ

http://www.flickr.com/photos/79171102@N00/497701866

photo by Amaury Henderick

ものを書くという作業は、脳内にうごめく曖昧なイメージを「文章」という形でアウトプットする、一種の翻訳行為だ。

それ故に、適切な表現が見つからず「なんと言ったらいいものか」と頭を悩ませる瞬間がたびたびおとずれる。己の語彙力の無さ、表現力の乏しさに、心底落ち込む毎日だ。

なんとか言葉をひねり出しても、「本当にこれが適切な表現なのか」とふたたび筆を止める。こういったときはデスクの前でうんうんと唸っていても、一向に新しい言葉が出てこない。

そういったとき手に取るのが、『感覚表現辞典』だ。

感覚表現辞典

感覚表現辞典

 

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚などのさまざまな感覚を、日本人はどのように表現してきたのか。近代文学・現代文学・料理の教本などから豊富な用例を集め、分類・整理した、日本人の豊かな感覚表現の辞典。

名文家たちの多彩な表現があますことなく収録されているこの本。
日本語とはどれほどの可能性を秘めているのか。開くたびにため息が漏れ、この奥深い言語のポテンシャルをまったく引き出せていない自身に愕然とする。

この本は、収録されている言い回しをそのままコピーするために使うのではない。

表現に行き詰まったとき、偉大なる先人たちの手本を学ぶことで、必死になって己の言葉をひねり出すための触媒として用いるのだ。

ひまなときにパラパラとめくっているだけでも、蒙を啓く感覚が味わえる。常にデスク傍に置いておくといいだろう。

こういった辞典は、ほかにもいくつかある。 

感情表現辞典

感情表現辞典

 
人物表現辞典

人物表現辞典

 
てにをは連想表現辞典

てにをは連想表現辞典

 
比喩表現辞典

比喩表現辞典

 
例解 慣用句辞典―言いたい内容から逆引きできる

例解 慣用句辞典―言いたい内容から逆引きできる

 

日本語の限界、などと軽々しく口にするほど驕るつもりはない。それでも、字句だけですべてを表現しようという作業には限りがあるのも事実だ。

せめて、言葉の持つ表現力を余すことなく活かせるようになれれば、と願ってやまない。


ごく稀に、パズルのピースがカチリとはまったときのような瞬間がある。
あの、なんともいえない清々しさと脳内を駆け巡る快感があるから、書くという行為はやめられない。

そんなときでも、「もっと良い言い回しがあるのではないか」という疑念が晴れることはない。

前回の記事と同様、ジレンマの先にある刹那の快楽を求め、今日も言葉を重ねるのみだ。

yurafuwa.hatenablog.com

文章で 伝えきれない もどかしさ

http://www.flickr.com/photos/44781266@N07/5341862425

photo by SPIngram

2016年は五七五で幕開け。
新年独特のほろ酔い気分で、脳裏に浮かんだあれこれを今日も書き綴っていく。


──言葉というものは、とても曖昧だ。

どれだけ言を尽くしても、本意でない伝わり方をすることがままある。

推敲を重ねることができる文章でさえ、書き手が思いもよらぬ解釈によって、あらぬ誤解を受けたり、考えが間違ったかたちで同意されたりしてしまう。

ブログのように加筆修正が容易なメディアであれば、言葉を重ねていくことで理解のすり合わせが行えるのかもしれないが、読み手が根気よく付き合ってくれるとは限らない。

書き手は己の考えができる限り正確に伝わるよう、常に細心の注意を払い、言葉を選び、過不足ない文章を作り上げるべきであろう。


一方、読み手の自由な解釈に任せることで、新たな魅力を発揮する文章というのもある。

書き手が考えもしなかったような解釈は、人間が決して画一的な存在でないことを実感させ、まだ見ぬ世界が目の前に広がっていることを知らしめてくれる。

時には、わざと多様な受け取り方ができるような表現を選んだり、あえて出す情報を制限したりして、ハンドルを読み手に明け渡すような文章を書いてみたくなる。

うまく伝わらないジレンマがあるから、伝わったときに至上の喜びが味わえるともいえる。


書き手と読み手は、まったく異なる人間同士。
それまで辿ってきた人生(みち)が違うのだから、考えや解釈にずれが生まれるのは当然だろう。

だからこそ、心が通じ合う瞬間が互いにかけがえのないものとなるのだ。

新しい世界に触れる体験を楽しみつつ、そんな心通う瞬間を求めて、本年も日々、筆をとっていきたい。

2015年を10日ばかり振り返って。

はてなでブログを始めたのが、12月22日の夜のこと。
そこで、この10日ばかりを振り返ってみる。

yurafuwa.hatenablog.com

突然思い立ち、衝動的にはじめたので、最初からネタがないという不安な船出。

まあ、ぎっくり腰でまともに身動きできない状態だったりしたので、どうにも暇をもてあましていたのだろう。※ちなみにブログ開設から数日は、すべてスマホのみで作業している。

その後、毎日一本ずつ記事を追加し、この記事を合わせて計10エントリー。
特にストックがあるわけでもなく、その日その日の気分でネタを決め、勢いに任せて書いているので、内容もてんでバラバラである。

こんなとりとめもないブログでも、読んでいただける方々がいるのは本当にありがたい。
はてなスターやブクマがつくたび、スマホ片手に小躍りしている。

少しでも、読んで良かったと感じてもらえるようなブログにしていければと思う。

僕がいま、もっとも関心のあるテーマといえば、

・文章が上手くなりたい。
・柔軟な発想ができるようになりたい。

こんな感じなので、自然とブログの内容も下記のようなネタが多くなるだろう。

yurafuwa.hatenablog.com

yurafuwa.hatenablog.com

まあ、その場の思いつき次第で、益体もないネタをついつい書いてしまうのだろうけど。

yurafuwa.hatenablog.com

yurafuwa.hatenablog.com

せっかくはじめたブログなので、自分なりのスタンス・ペースでぼちぼちと続けていきたい。

来年も変わらぬご贔屓のほどを、どうか。

文章力を鍛えるために、正月じっくり読みたい10冊

http://www.flickr.com/photos/25182307@N00/2868288357

photo by Swamibu

Amazonプライムに加入したとき、安くなっていたKindle Paperwhiteを購入した。

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

 

にもかかわらず、これまであまり活用できていなかったことに、いまになって気づく。

こうしてブログもはじめたことだし、あらためて文章力を鍛え直すべく、年末年始でKindleを使い倒してみようと考えた。

ちょうどセールをやっていたので、正月休みでじっくり読み切れるように、新書を多めにピックアップ。すでに紙の書籍を持っているものもあるが、どこでも読み返せるよう、この機会にKindle版も買っておこうと思う。

※ただでさえ光文社古典新訳文庫のセールでまとめ買いした本が積ん読状態となっているのに、新たな本に手を出そうというこの姿勢、嫌いじゃない。

いわゆる『文章術』のほかに、「ものを書く」前提となる広い意味での「考え方」が学べそうな本も選んでみた。

「書き方」の本

文章力の鍛え方 (中経の文庫)

文章力の鍛え方 (中経の文庫)

 

いわゆるテクニック的なものと考え方とがバランス良くまとまっている。
一冊でまんべんなく学びたい御仁にはぴったりかもしれない。

この本の詳細なレビューは、ぐるりみち。さんが詳しいのでご参照あれ。

yamayoshi.hatenablog.com

一瞬で大切なことを伝える技術

一瞬で大切なことを伝える技術

 

ロジカルシンキングの基本を学べる一冊。
「書き方」というより論理的思考を軸とした「伝える技術」がまとめられている。

文章は接続詞で決まる (光文社新書)

文章は接続詞で決まる (光文社新書)

 

接続詞に気を配れるようになると、もの書きとしてひとつレベルアップできる。
推敲の際にはこの本を脇に置いて、都度確認するといいかもしれない。

「実用文」というのは、通常の文章とまた違った視点が必要となる。
幼少よりの僕が、こちらの書き方だけが「作文」だと思っていたのは以前書いたとおりだ。

yurafuwa.hatenablog.com

こちらの本もぐるりみち。さんに丁寧な解説があり。
(というか、僕はこの記事を見てこの本を買った)

yamayoshi.hatenablog.com

日本語という言語を考えさせる一冊(細かく言えば言語と文語の違いもあるのだろうが)。
なかなかアクの強い中身のようだが、続編も含め、一度しっかりと噛みしめてみたい。

「考え方」の本

創造的思考の名著。いつの間にか表紙もシンプルになっている。
ものごとを多面的にとらえる視点は、アウトプットの前提となる思索に不可欠だろう。

考えるヒント

考えるヒント

 

「ものを考える」という基本の奥深さをまざまざと感じさせる一冊。
電書化していたことを初めて知った。これからはどこでも読めるのが嬉しくて仕方ない。

「ものづくり」そして「感性(感動)」という曖昧なものに、どれだけ真摯に向き合えるか。
作り手としての絶妙なバランス感覚は、まさにプロの仕事だと感服させられる。

スピーチライターという特殊な職業のプロフェッショナルから学べるものは実に多い。
「話者」と「聴衆」の繊細なやり取りに気を配る様は、書き手が読者に対してどれほど意識しているのだろうかと考えさせられる。

落語の話作りには、文章構成における大切なことが凝縮されている。
見知った演目について深く知るだけでなく、古典落語を「文章」から学ぶというのも面白い経験だろう。

おまけ

偉大なる名文家たちの文をじっくり読むのも、計り知れない勉強になる。

著者のエッセイ自体が、「打ちのめされる」本の代表格だ。

心の底から打ちのめされ、ペンが取れなくなるような経験も、キャズムを超えるには必要な過程なのかもしれない。

こちらはキリキリソテーにうってつけの日さんで電書化されているのを知った本。
※光文社古典新訳文庫の衝動買いはこのブログの影響が大。

owlman.hateblo.jp

ほかにも、読書で本から学ぶブログさんの記事を見てポチった『芥川・太宰』もあったり(こちらは単行本)

dokushohon.hatenablog.com

……はたして、正月だけですべて読み切れるのだろうか。


今回紹介した本、どれも即効性を望むべきではないのだろう。

数年後、数十年後に自分の文章を読み返したとき、逆の意味で打ちのめされるような成長を感じることができれば、と願う。

カーネルパニックと「気づかせ」の法則

http://www.flickr.com/photos/38304866@N00/153367574

photo by gspidermac

作業中、突然パソコンが強制終了した。
本日二回目である。

こういった現象を「カーネルパニック」と言うらしい。
クリスマス特需で慌てふためく白髭眼鏡のダンディなオヤジを想像したのは、僕だけではあるまい。

OS X に回復不能な問題が発生し、開いているすべてのアプリケーションにその影響が及ぶことが稀にあります。このような場合は Mac を再起動する必要があります。往々にして、これはオペレーティングシステムの一部 (「カーネル」) が「再起動が必要な問題がある」と判断したためで、それゆえ「カーネルパニック」と呼ばれます。

OS X:コンピュータが勝手に再起動したり「問題が起きたためコンピュータを再起動しました」というメッセージが表示される - Apple サポート

回復不能な問題とか、なにそれこわい。

なにか原因があるのかと気になりちょっと調べてみたら、こんな記事を見つけた。

juniordreamers.hatenablog.com

仲間のありがたみを実感しつつ、上記で紹介されていたリンク先へ。

Macがカーネルパニックを起こした時に試したい8つの対処法 | gori.me(ゴリミー)

たまたま連続して発生しただけかもしれないので、とりあえずセーフブートとNVRAM/PRAMリセットだけでも試してみようと思う。

Windowsからmacに移って早十数年。
当時は、まったく強制終了をしないパソコンに感動すら覚えた。稀にカーネルパニックが発生すると、まるでレアカードを引いたときのような気分になったものだ。

そんな感動も薄れ、カーネルパニックにも慣れてしまって久しい。今日も「またか……」と溜息を吐いた。

警告メッセージが表示される直前、一切の操作を受け付けなくなる瞬間がある。
直感で「あっ、来たな」と理解するが、その時点ですでに手遅れ。保存していなかったファイルはパァだ。

Windowsのいわゆる『ブルースクリーン』も心臓に悪いが、なまじ一瞬の猶予が与えられているぶん、「もう自分にできることはない」という絶望を味わうmacのほうが、よほど悪役っぽい気もする。

作業に集中していると、ついつい「保存」の操作を忘れてしまうことが多い。
こういったときに限ってカーネル氏がパニックを起こすものだから、始末が悪い。
小一時間ばかりの成果が無に帰したことが分かり、僕はがくりと肩を落とす。

全身を虚脱感が包み込む。

そこではじめて、長時間こわばっていた身体が、ずいぶんと疲れを溜め込んでいることを実感する。

ふと、僕は考えた。

――パソコンが強制終了したのは、このことを僕に気づかせるためだったのではないか。

自分では気づかない身体の危険視号を敏感に察知した我が相棒が、「そろそろやめとけよ」と警告してくれたのではないだろうか。

人間には、身体の異変を気づかせるために、様々な危険信号を発する機能を備えている。
なにげなくスルーしてしまうこれらにしっかりと注意を払うことで、より重篤な事態に陥るのを防ぐことができるという。まあ、気にしすぎるのも身体に悪い気がするが。


一方、くしゃみをすると誰かが噂をしている。という言い伝えがある。
正直、眉唾もいいところの都市伝説だが、由来を調べてみるとなかなか興味深い。

nanapi.jp

「虫の知らせ」という言葉もある。

gogen-allguide.com

自分と周囲が目に見えない何かでつながっており、互いに情報のやり取りが行われている。
オカルトめいた考え方だが、IFTTTのようなトリガーがいくつも世に散らばっていると考えると、ちょっと面白い。

ifttt.com

僕の身体が無自覚の悲鳴をあげはじめると、我がmacカーネルパニックを起こす……。
そんなレシピが、こっそり仕込まれているのかもしれない。
カーネル卿はサディスティックな悪役などではない。
慈悲の心をもって僕の肩をぴしゃりと叩く、厳しくも優しい守り神だったのだ──。


……ここまで妄想したところで、ようやく溜飲が下がった。
コーヒーでも飲んで一服してから、徒労に終わった作業を再開するとしよう。

年末の大掃除をなるべくラクにすませる6つのコツ

http://www.flickr.com/photos/34039751@N00/3623077649

photo by kaiton

今年も残りわずか。
そろそろ大掃除をしなければ……と葛藤している御仁も多いはず。

僕もそんな一人、ということで、
年末最後の大仕事をなるべくラクに行うコツがないか、ちょっと考えてみた。

1.チェックリストを作る

なかなか重い腰が上がらない、その理由の一つが、
「どこから手を付けたら良いのか分からない」というもの。

それならば、やるべきことをすべて書き出してリストにしてしまえばいい。
部屋ごとに掃除の手順が書いてあれば、迷うこともない。

ネットを調べれば、掃除のテクニックを紹介しているページが山ほど見つかる。
これらを参考に、できるだけ具体的に掃除の方法を書いておくのだ。

clean.nanapi.com

clean.nanapi.com

celeb-style.jp

チェックリスト作成は、掃除だけでなくあらゆる作業の手始めにやるといい。

2.すこしずつ掃除する

一度にすべてやってしまおうとするから、面倒に感じるのだ。

今日はお風呂。明日は窓。といった具合に、
一日ごとに掃除する場所を決め、その日はそこだけやる。
そうすれば、精神的な負担はかなり軽減される。

ここで、作成したチェックリストが役立つ。
作業量ごとに掃除する箇所を分け、残りの日数で分割しよう。

3.便利グッズを活用する

雑巾は、どこでも掃除できる古来よりの万能アイテムだ。

しかし、壁やら床やら天井やらめぼしい家具やらといったもののすべてを、
水を固く絞った雑巾でごしごしと拭きまくるのは、かなりの重労働。
場所によってはモノを傷めてしまう可能性もある。

精神修行や肉体鍛錬を兼ねているというのなら別だが、
そうでないなら、巷に数多くある掃除用グッズの活用を強くおすすめする。

こちらもネットを探せば、親切な先人たちが具体的なアイテムを紹介してくれている。

matome.naver.jp

masanori1989.hatenablog.com

僕のおすすめは、定番の「マイクロファイバーふきん」と「電解アルカリイオン水」の二つ。

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

 
超電水クリーンシュ! シュ!  Lボトル 500ml

超電水クリーンシュ! シュ! Lボトル 500ml

 


雑巾での水拭きをこの二つの組み合わせに切り替えるだけで、驚くほど掃除がラクになる。
100円ショップで売っているものでもそれなりに使えるので、まずは試してほしい。

使ってみたいと思わせるグッズは、掃除へのモチベーションを高めるのに役立つ。
買ったその日に、勢いにまかせてすぐ使ってみるのがいいだろう。

4.代行サービスを利用する

僧侶も東奔西走する年の瀬。
当方、清掃するヒマなし、という御仁は、思い切って掃除代行を頼むのはどうだろう。

最近では、ハウスクリーニング業者も増えてきて、
当然のようにネット経由で見積もりや発注ができる。

有名どころは、ダスキンやカジタクあたりだろうか。

www.duskin.jp

www.kajitaku.com

いまからでは、今年中の予約が難しいので、
手間が掛かりそうなエアコンやレンジフードだけ残して、
年明けにやってもらうのもいいだろう。

部屋と、ついでに財布の中身もすこし、すっきり。
これまでにないほどの断捨離気分を味わえるかもしれない。


これら4つの方法は、言わば対処療法的な施策。
そこで以下に、大掃除をラクにするために日頃からできる予防的対策もあげておく。

5.毎日の掃除を習慣化する

「すこしずつ掃除する」を、さらに365日に分ければ、ずっと大掃除がラクになる。
毎日の汚れを一年分溜めるから、大掃除が大変な作業になるのだ。

まずは毎朝、目覚めてすぐの床掃除からはじめてみよう。
フローリングならフロアモップ、カーペットならコロコロを毎日さっとかけるだけでいい。
「一日でこんなに埃が出るものなのか」と驚くことだろう。

余裕が出てくれば、トイレ掃除もルーティンに含めると風水的にも良い。
そうやって「プチ掃除」を習慣化していければ、健やかな一年を過ごせるはずだ。
毎日掃除していれば、汚れも溜まりにくい。結果、プチ掃除そのものもラクになる。

一日を掃除からはじめることで、掃除自体の効果以上に、
爽やかな気分でその日をはじめることができる。
小さな達成感ともに、毎日を明るくスタートしよう。

6.ミニマルに暮らす

モノが少なければ、片づけの手間もかからないし、掃除もしやすい。
ルンバが縦横無尽に駆け回れる床は、羨望の的だ。

hapilaki.hateblo.jp

minimum555.hateblo.jp

www.meguminimal.com

ミニマリストたちのブログを見るたび、「いいなぁ」と思いつつも、
なかなか実践できない……そんな声が聞こえる。

「掃除が面倒だから、掃除しなくてもいい部屋をつくる」

こんな後ろ向きな動機からでもいい。
自分なりのミニマルな暮らしに向けて、小さな一歩を踏み出してみたい。


これ以上考えていると、
書いているヒマがあったらさっさと行動したほうがいい、という
身もフタもない結論に達しそうなので、この辺で。

とりあえず散らかったデスクまわりを片づけるべく、
パソコンの電源を落とそうと思う。

なぜミカンの白いスジを食べなければならないのか。

http://www.flickr.com/photos/16255961@N00/131215442

photo by mattieb

冬は、こたつでミカンが至高である。

我が家にはいま、こたつはないのだけれど、
その寂しさを埋めるように、ダイニングテーブルには大量のミカンがある。

今日も一つ手に取り、皮をむく。
ちぎれないで綺麗にすべてむけると、ちょっとうれしい。
さらにひと手間かけて、白い部分をすべて取り除くと、もっと気分がよろしい。

「ミカンの白いスジには、栄養がつまっているのよ」

どこからか、そんな声が聞こえた。
昔から、よく耳にする蘊蓄(うんちく)だ。


気になって少しばかり調べてみた。

アルベドには食物繊維やビタミンが豊富で、特にビタミンPのうち、みかん由来ポリフェノール「ヘスペリジン」は実よりも身を包む袋や皮、スジに多く含まれ、含有量は袋で実の50倍、スジにはなんと100倍にもなるのだとか!

損してるかも? 捨てずに食べたい「みかん」のアノ部分 | MYLOHAS

アルベド(albedo)というらしい。「白さ」を意味するんだとか。
albinoやalbumあたりと同じ語源のようだ。

果肉に養分を運ぶのが、その役割。
人間の身体でいう血管のようなものらしい。
養分の通り道なのに、果肉本体よりもビタミン含有量が多い、というのが面白い。
運ぶ途中で大半を落としてしまったのだろうか。おっちょこちょいなヤツだ。


話は変わるが、
中国には『同物同治』という言葉がある。

これは体の中の不調な部分を治すには、調子の悪い場所と同じものを食べるのがいい、という考え方。

「同物同治」(どうぶつどうち)とは - コトバンク

肝臓が悪いときはレバーを、
心臓が悪いときはハツを、
アタマが悪いとお悩みの御仁は、カシラを……とはならないが、
日本でも昔から知られている考え方だ。

ここでふたたび、話を戻す。

アルベドに含まれるヘスペリジンの主な効能は──なんと「毛細血管の強化」だ。

植物の「血管」を食べることで、自らの血管を改善する。
同物同治の懐深さに、驚きを禁じ得ない。


──テーブルの上を見やる。

そこには山盛りのアルベド様が、オレンジ色の台座に鎮座ましましている。

ゆっくりと手を合わせ、おもむろにまとめて口に放る。
口の中になんともいえないほろ苦さがじんわりと広がり、自然と顔がゆがむ。

これこそ薬の証、と、僕は新しいミカンにそっと手を伸ばした。


おまけ

ちなみに、「アルベド」で画像検索してみると、
同名のアニメキャラの個性的な表情がずらりと並ぶ。

実にイカした顔だ。
どれだけのアルベドを口にすれば、このような表情を浮かべられるのだろうか。
こんな顔をした現実の女性がいたら、ぜひ会ってみたい。

……いや、やっぱり遠くから眺めるだけでいいかな。
僕にはちと、荷が重いや。